やりがいはあるか

公務員の仕事は大きく分けて総務と一般事務とに分ける事ができますが、一般事務は文字通り事務が主要ですから各署の窓口業務となります。総務は特別職とも言われるように地域活性化関連の仕事が含まれます。他に土木や化学など技術関連、自衛隊、警察、交通、病院関係、保育、教育、介護、市民活動支援と言う具合に多岐にわたって網羅していますから、一般企業にない幅広い分野と関わっていくのが仕事です。

 

その中で生き甲斐を感じる人気ランキングでは財務省や裁判所および特許庁が歴代人気職種として上位に上がっています。やはり国家公務員かとも思いますが地方公務員での魅力として、地域住民に最も近い場所で直接住民の声に触れる事が出来る点をあげる現役公務員がほとんどです。周囲からみると地味でまじめで目立たない究極の裏方業務というイメージを強く持つのですが、実際に関わっている職員らは社会貢献をしているという充実感にあふれて仕事をされています。

 

1日の労働時間がかっきり8時間と決まっており、移動も同じ市役所内のみといった形ですから家族との交流も維持できますし、給与もそこそこもらえるし何よりも国や自治体がバックにいて収入も将来的にも安定しているという落ち着いた環境で働けるゆえの心のゆとりを持って働いているという事も大きいのは当然です。

結婚相手としては

公務員はなぜ女性から好まれるのか不思議に思うのですが、お金をたくさん持っていそうな事業家青年や、医者よりも公務員を選ぶ女性が多いという現実は、男性にとっても気になるところでしょう。現実に公務員をパートナーとして選んだ女性たちに、公務員の魅力を聞いてみるとなるほどと納得できる部分が多々出てきます。

 

まず国家や自治体がバックについているという点は何よりも大きいはずです。多額の持ち金を投資して設立した一般企業は大きな事をやり遂げたいという大志をいだく男性にとっては、これぞ男の本懐とも言える魅力はありますが、不安材料を常に抱えています。実際バブル崩壊後大手有名企業がいくつも倒産に追い込まれました。労働組合との駆け引きで待遇が一変する事もしばしばあります。公務員はこの点でも安定しています。社会的信用も大きいですしワークバランスが良好という点も一般企業とは大きくかけ離れています。

 

安定を求める女性にとってはやはり公務員は結婚相手として申し分なくかつ穏やかな家庭を築く上でも魅力があるのです。ここ数年でイクメンを意識したような対応を取る自治体が増えてきたのも、女性の心を惹きつけるのには充分すぎる理由です。収入が安定している労働時間もワンパターンである職業柄か穏和で少々堅いかと思えるほど堅実な人柄が目立つというのも、女性からの高い評価を受けやすい理由の1つです。

公務員人気はどこから

今回は“公務員が人気がある理由”がテーマです。今さらですが公務員の魅力はどこにあるのでしょうか。地味で退屈、給与も突出して良いということはありませんし、大きなことに挑戦したい、あるいは大成功を収めたいのだという人には向いていないように見えます。ちまちまと地域住民の苦情を聞いて回り毎日事務仕事の繰り返し、つまらない仕事にしか見えないといった声が聞こえてきそうなものなのに、聞こえてくるのは“結婚するなら公務員がいい”という女性や“うちの子も公務員にしたい”という親さらには“地域に貢献したい”という就活まっさかりの学生たちの声です。

 

実際のところはどうなのかこれから公務員として一歩を踏み出す予定という現役学生の声を拾ってみるとなるほどと納得せざるを得ない理由をあげてくれました。民間企業よりも公務員が良いと思った理由の1つは利潤追求のために消費者をむさぼっているかのように見える民間企業、特に商社よりも社会貢献を通して自身のモチベーションを維持できると実感したからというのです。確かに国家公務員は地域活性化を第一として住民の声にしっかりと耳を傾け、地域福祉のために日夜奔走しているイメージがありますから、地域貢献しているという実感は民間企業とは比較にならないくらいほどわいてくる事でしょう。

 

時間はかかりますが確実に自分が関わった業務に関しては目に見える形で表れてきますから、次への張り合いにはなるにちがいありまぜん。リストラの嵐が国中を駆けめぐった時期もありましたが、すべて民間企業での事での事です。一度就労してしまえば通常は引退するまで勤め上げますから、安定を求める女性にとっては安心感があります。

参照サイト|公務員|社会人講座|資格の大原
国家公務員や警察官などの公務員試験対策を行っている講座です。